マイナンバー制度でカードローンがばれる?

マイナンバー制度が導入されてからまだそこまで経過していないのですが、マイナンバーで多くの個人情報を統括するようになった事によって色々と不安なことが出てきたという人は少なくないです。その中のひとつがカードローンなどの借金問題であり、マイナンバー制度によって借金の有無や返済に関することが会社や家族にバレてしまうのではないかと思っている人が少なくありません。
これは実際どうなのかと言うと、原則としてマイナンバーの民間利用は原則禁止されているのでローン会社との紐付けはされていないのでカードローンなどに関する情報が会社や家族にバレるということはありません。なので借金をしているかどうか・返済中なのか返済し終えて完済しているのかどうかなどの細かな情報が公開されることはないので、安心してカードローンを利用することが出来ます。
ただし注意点として税金に関連した情報については、会社にマイナンバーを登録する事になるのでその時点で保険や税金関連の情報は把握されてしまう事になります。なので万が一税金の未納があった場合は会社や家族に気づかれてしまう可能性がありますが、差し押さえなどの細かな処罰を受けたかどうかなどについてはバレる心配はないとされています。
ただしカードローンの審査の場合は銀行とマイナンバーの情報は紐付けされているので非常に厳しい審査を受けるようになりますし、未納や差し押さえなどの経験をしている場合は審査が通らなくなる可能性が高くなるので注意が必要です。
東北銀行